サイト内検索
 「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)」の公表
2015年 6月30日
企業会計基準委員会

公表にあたって

2013年6月に、企業会計審議会より、「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」(以下「当面の方針」という。)が公表されています。この「当面の方針」では、国際会計基準(IFRS)の任意適用の積上げの一方策として、IFRSのエンドースメント手続を実施すべきことが記載されており、当委員会において速やかに検討することが期待されると記載されています。
 当委員会では、これを受け、「IFRSのエンドースメントに関する作業部会」を設置し、2013年8月から検討を開始し、今般、2015年6月29日に開催した第314回企業会計基準委員会において、標記の「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)」(以下「修正国際基準」という。)の公表を承認しましたので、本日公表いたします。

 修正国際基準につきましては、2014年7月31日に公開草案を公表し、広くコメント募集を行った後、当委員会に寄せられたコメントを検討し、公開草案の修正を行った上で公表するに至ったものです。

以上



入手方法

修正国際基準については、下記よりPDFファイルをダウンロードしてください。






ご利用にあたってはこちらの著作権表示をお読みください(和訳はこちら)。


修正国際基準の英訳(参考)はこちらよりダウンロード可能です。


新会計基準等の公表やニュースリリースの公表などをタイムリーにお知らせします。登録は無料です。
企業会計基準委員会の審議をお手元のPCから傍聴できます。
ASBJ/FASF主催のセミナーや講演会の開催情報です。なお、会員の方はオンラインセミナーの受講やディスクロージャー情報の閲覧ができます。
「季刊 会計基準」第56号(2017.3) 第一法規株式会社発行
好評発売中