サイト内検索
国際会議
ASBJによるディスカッション・ペーパー等
IAS/IFRS基準等のプレスリリース
IFRS公開草案等のプレスリリース(和訳を含む)
その他のIASB/IFRS財団のプレスリリース
IASBの公開草案等に対する意見募集等
IASB Update (月次、和訳を含む)
IFRIC Update (隔月、和訳を含む)
その他の情報
 IASBが開示に関する取組みの一部として提案を公表
2014年3月25日

国際会計基準審議会は、本日、IAS第1号「財務諸表の表示」の修正案を示した公開草案を一般のコメントを求めるため公表した。

本提案は、IASBの開示に関する取組みにおけるいくつかの短期プロジェクトの1つから生じている。

IASBの「アジェンダ協議2011」に対する多くのコメント提出者が、IASBに、現行のIFRSにおける開示要求を見直して、開示を改善する方法を検討するよう求めた。したがって、2013年にIASBは、開示に関する取組み(財務情報の開示の改善を目指すいくつかのプロジェクトのパッケージ)を開始した。

本公開草案は、IAS第1号の狭い範囲の明確化のための修正を提案している。現行の表示及び開示要求に関して示された懸念のいくつかに対処するとともに、企業が財務諸表を作成する際に判断を用いることができるようにするためのものである。

修正案では次のことを行っている。

  • IAS第1号における重要性の要求事項を明確化(有用な情報を重要性のない情報で覆い隠すことの潜在的な悪影響の強調を含む)
  • 純損益及びその他の包括利益の計算書と財政状態計算書における具体的な表示項目は分解できる旨を明確化
  • 企業が純損益及びその他の包括利益の計算書と財政状態計算書において小計をどのように表示すべきなのかについての要求事項を追加
  • 注記を表示する順序に関して企業に柔軟性がある旨を明確化するが、その順序を決定する際に理解可能性と比較可能性を考慮すべきである旨を強調
  • 重要な会計方針の識別について有用でない可能性があるIAS第1号のガイダンスを削除

IASB議長Hans Hoogervorst氏は次のように述べた。

「開示に関する取組みは、財務報告書がコミュニケーションの道具となり、単なるコンプライアンス文書とならないようにすることに重点を置いている。これらの提案は、作成者、監査人及び規制機関が、開示に対してのチェックリスト方式の発想から離れることを促す我々の取組みの小さな一部分となるものである。
  これらの提案は、財務報告書を表示する際の理解可能性、比較可能性及び明瞭性の重要さを強調することによって、行動の変化に役立つように設計されている。
  我々は、この重要なプロジェクトに関して利害関係者の見解を聞くのを楽しみにしている。」

以 上


問合せ先:
Chris Welsh, Communications Manager, IFRS Foundation
Telephone: +44 (0)20 7246 6495
Email: cwelsh@ifrs.org



公開草案「開示に関する取組み」(IAS第1号の修正案)の日本語訳は以下からダウンロード可能です。この翻訳は、企業会計基準委員会スタッフが参考のために作成したものです。ご利用にあたっては、必ず原文をご参照ください。
 なお、本資料はPDFファイルのみでの提供ですので、あらかじめご了承ください。

IASB公開草案「開示に関する取組み」(IAS第1号の修正案)の和訳


当資料等はAcrobat7.0により作成しておりますので、Adobe Readerは7.0以上を推奨いたします。


PDFファイルの閲覧や印刷には、専用ソフト「Adobe Reader」が必要です。この「Adobe Reader」をお手持ちのブラウザにインストールされていない場合は、「Get Adobe Reader」アイコンをクリックして、Adobe Systems社のホームページよりダウンロードされた上でご覧ください。
 
新会計基準等の公表やプレス・リリースの公表などをタイムリーにお知らせします。登録は無料です。
企業会計基準委員会の審議をお手元のPCから傍聴できます。
ASBJ/FASF主催のセミナーや講演会の開催情報です。なお、会員の方はオンラインセミナーの受講やディスクロージャー情報の閲覧ができます。
特別追補版 国際財務報告基準 IFRS第9号「金融商品」
(3月下旬発刊予定)