サイト内検索
国際会議
ASBJによるディスカッション・ペーパー等
IAS/IFRS基準等のプレスリリース
IFRS公開草案等のプレスリリース(和訳を含む)
その他のIASB/IFRS財団のプレスリリース
IASBの公開草案等に対する意見募集等
IASB Update (月次、和訳を含む)
IFRIC Update (隔月、和訳を含む)
その他の情報
 IASBが、料金規制の財務上の影響の報告に関するディスカッション・ペーパーを公表
2014年9月17日

国際会計基準審議会(IASB)は、本日、ディスカッション・ペーパー「料金規制の財務上の影響の報告」を一般のコメントを求めるために公表した。

多くの政府が、企業による特定の種類の活動の供給及び価格設定を規制している。これらの活動には、通常、当該法域において顧客にとって不可欠と考えられている財又はサービスの供給を伴うものである。これには、運送サービス、いくつかの種類の保険証券、ガス・電気・水道などの公益事業などが含まれる。料金規制の中には、料金規制対象企業が稼得できる収益及び利益の金額だけでなく、関連するキャッシュ・フローの時期にも著しく影響を与える形態のものがある。

本ディスカッション・ペーパーは、原価回収とインセンティブ・アプローチの両方の要素を含んだ種類の料金規制を記述している。この種の料金規制は「定義された料金規制」と呼ばれる。本ディスカッション・ペーパーは、IASBが識別した定義された料金規制の顕著な特徴が、最も重大な財務上の影響を有する料金規制の類型を十分に反映しているのかどうかに関するコメントを求めている。

本ディスカッション・ペーパーには、具体的な会計処理の提案は含まれていない。実際には、料金規制対象活動に関するどのような情報が財務諸表利用者にとって最も有用なのかを検討し、料金規制の財務上の影響をどのように報告するのが最善なのかを決定する際にIASBが考慮することのできる考え得るアプローチ(及びそれに付随する利点と欠点)を概説している。

本ディスカッション・ペーパーは、IFRS第14号「規制繰延勘定」の表示及び開示の要求事項をIASBがこの協議からのフィードバックの結果として開発する可能性のある将来の提案の基礎とすべきかどうかについてもコメントを求めている。IFRS第14号は、2014年1月に、IASBがこのプロジェクトを完了するまでの暫定的な対応として公表された。

ディスカッション・ペーパー「料金規制の財務上の影響の報告」は、2015年1月15日まで、コメントを求めるために公開される。本ディスカッション・ペーパーのハイレベルの「スナップショット」サマリーは、ここからダウンロードできる。


以 上



プレス関係の問合せ先:
Chris Welsh, Communications Manager, IFRS Foundation
Telephone: +44 (0)20 7246 6495
Email: cwelsh@ifrs.org



ディスカッション・ペーパー「料金規制の財務上の影響の報告」の日本語訳は以下からダウンロード可能です。この翻訳は、企業会計基準委員会スタッフが参考のために作成したものです。ご利用にあたっては、必ず原文をご参照ください。
 なお、本資料はPDFファイルのみでの提供ですので、あらかじめご了承ください。

IASBディスカッション・ペーパー「料金規制の財務上の影響の報告」の和訳


当資料等はAcrobat7.0により作成しておりますので、Adobe Readerは7.0以上を推奨いたします。


PDFファイルの閲覧や印刷には、専用ソフト「Adobe Reader」が必要です。この「Adobe Reader」をお手持ちのブラウザにインストールされていない場合は、「Get Adobe Reader」アイコンをクリックして、Adobe Systems社のホームページよりダウンロードされた上でご覧ください。
 
新会計基準等の公表やニュースリリースの公表などをタイムリーにお知らせします。登録は無料です。
企業会計基準委員会の審議をお手元のPCから傍聴できます。
ASBJ/FASF主催のセミナーや講演会の開催情報です。なお、会員の方はオンラインセミナーの受講やディスクロージャー情報の閲覧ができます。
「季刊 会計基準」第55号(2016.12) 第一法規株式会社発行
好評発売中