改正企業会計基準第1号
「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」及び
改正企業会計基準適用指針第2号
「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準の適用指針」の公表

平成18年8月11日
企業会計基準委員会

企業会計基準委員会(以下「当委員会」という。)では、平成18年5月に会社計算規則が施行されたことなどに伴い、当委員会が平成14年2月21日に公表した企業会計基準第1号「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」(最終改正平成17年12月27日)(以下「改正前会計基準」という。)及び企業会計基準適用指針第2号「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準の適用指針」(最終改正平成17年12月27日)(以下「改正前適用指針」という。)について、所要の改正を行うために審議を重ねてまいりました。

今般、平成18年8月8日の第110回企業会計基準委員会において、標記の企業会計基準(以下「改正会計基準」という。)及び適用指針(以下「改正適用指針」という。)の公表を承認しましたので、本日公表いたします。

改正会計基準及び改正適用指針につきましては、平成18年6月16日に公開草案を公表し、広くコメントの募集を行った後、当委員会に寄せられたコメントを検討し、公開草案の修正を行った上で公表するに至ったものです。

以上

ページの先頭へ