企業会計基準第11号
「関連当事者の開示に関する会計基準」及び
企業会計基準適用指針第13号
「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」の公表

平成18年10月17日
企業会計基準委員会

企業会計基準委員会(以下「当委員会」という。)では、平成17年3月に、関連当事者の開示が当委員会と国際会計基準審議会(以下「IASB」という。)との会計基準のコンバージェンスに向けた共同プロジェクトにおける検討項目となったことを踏まえ、我が国の会計基準を整備することを目的として、関連当事者の開示の内容について検討してまいりました。

今般、平成18年10月10日の第114回企業会計基準委員会において、標記の企業会計基準とその適用指針(以下「本会計基準等」という。)を承認しましたので、公表いたします。

本会計基準等につきましては、平成18年6月6日に公開草案を公表し、広くコメント募集を行った後、当委員会において寄せられたコメントを検討し、公開草案の修正を行った上で、公表するに至ったものです。

以上

ページの先頭へ