企業会計基準公開草案第39号
「退職給付に関する会計基準(案)」及び
企業会計基準適用指針公開草案第35号
「退職給付に関する会計基準の適用指針(案)」の公表

平成22年3月18日
企業会計基準委員会

当委員会では、退職給付に関する会計基準等の見直しについて、国際的な動向を踏まえて検討するにあたり、プロジェクトを2つのステップに分け、まず、ステップ1として、未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の処理方法、退職給付債務及び勤務費用の計算方法並びに開示の拡充を中心に審議を重ねてまいりました。

今般、平成22年3月11日開催の第197回企業会計基準委員会において、標記の「退職給付に関する会計基準(案)」(以下「本会計基準案」という。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針(案)」(以下「本適用指針案」という。また本会計基準案と本適用指針案を合わせて、以下「本公開草案」という。)の公表が承認されましたので、本日公表いたします。

コメントの募集

本公開草案の公表は、広くコメントを頂くことを目的とするものです。本公開草案に関するコメントがございましたら、平成22年5月31日(月)までに、原則として電子メールにより、下記へ文書でお寄せください。なお、個々のコメントについては直接回答しないこと、コメント等を当委員会のホームページ等で公開する予定があること、氏名又は名称が付されていないコメントは有効なものとして取り扱わないことを、あらかじめご了承ください。

コメントの受付は終了いたしました。

 この公開草案に寄せられたコメント

ページの先頭へ