実務対応報告第9号
「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」の公表

平成15年3月13日
企業会計基準委員会

企業会計基準委員会(以下「当委員会」という。)では、平成13年の商法改正における自己株式の取得及び保有規制の見直し、種類株式制度の見直し、新株予約権及び新株引受権付社債の導入などを契機として、平成14年9月25日に企業会計基準第2号「1株当たり当期純利益に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第4号「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」を公表致しました。その後、質問の多い点を中心に実務上の取扱いについて検討してまいりましたが、平成15年3月11日の第28回企業会計基準委員会で標記の実務対応報告(以下「本実務対応報告」という。)を承認しましたので公表いたします。

本実務対応報告につきましては、平成15年1月15日に公開草案を公表し、広くコメント募集を行った後、当委員会において寄せられたコメントを検討し、公開草案の修正を行ったうえで、公表するに至ったものです。

以上

ページの先頭へ