IFRS財団が、会計基準アドバイザリー・フォーラムのメンバー候補者を募集
ASAF設置に関する公開協議を受けてのフィードバック・ステートメントを公表

2013年2月1日

IFRS財団は、本日、会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)のメンバー候補者を募集する候補者募集を公表した。候補者募集では、IFRS財団がフォーラムのメンバーを選考する際に考慮に入れるメンバーの資格要件及びその他の要素とともに契約条項案及び覚書(MoU)案を示している。

候補者募集は、こちらから入手できる。

IFRS財団は、「コメント募集:会計基準アドバイザリー・フォーラム設置の提案」と題した公開協議ペーパーへの回答で寄せられたコメントを分析したフィードバック・ステートメントも公表した。

協議ペーパーでは、会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)を設置する提案が示された。各国会計基準設定主体及び会計基準に関与している地域団体で構成するものである。このようなグループの設置の提案は、IFRS財団の評議員会による2012年2月の報告書「戦略レビュー2011」の主要な提言の一つに従ったものである。

この協議への回答で明らかになったのは、国際会計基準審議会(IASB)と国際的な会計基準設定コミュニティーとの間の合理化された効果的な対話を確保する手段としてのASAFの設置への高水準の支持である。フィードバック・ステートメントは、IFRS財団のウェブサイトでアクセスできる。

IFRS財団の評議員会の議長Michel Prada氏は次のように述べた。

「我々の提案に対して提供された非常に思慮深いフィードバックに対してお礼を申し上げたい。そのフィードバックを検討し、本日ASAFのメンバーの候補者を募集している。

ASAFには、財務報告の国際的言語としてのIFRSを確立するための作業において重要な役割がある。国際的な基準設定コミュニティーのメンバーとの協力を強化し合理化することは、我々が最高品質の基準を提供することに役立つであろう。」

募集の締切日は2013年2月28日である。IFRS財団は、すべての適格な候補者について選考を行う予定で、一定範囲の関連のある地域団体その他の団体と最終候補者の推薦について議論することを提案している。それから評議員会はASAFの最終的なメンバーを承認する。選考手続の進展を前提に、IASBは暫定的に、ASAFの第1回会議を2013年4月に開催することを予定している。

以上

プレス関係の問合せ先

Mark Byatt, Director of Communications and External Affairs, IFRS Foundation
Telephone: +44 (0)20 7246 6472
Email: mbyatt@ifrs.org

Chris Welsh, Communications Manager, IFRS Foundation
Telephone: +44 (0)20 7246 6495
Email: cwelsh@ifrs.org


「会計基準アドバイザリー・フォーラム:候補者募集」の日本語訳は以下からダウンロード可能です。この翻訳は、企業会計基準委員会スタッフが参考のために作成したものです。ご利用にあたっては、必ず原文をご参照ください。

なお、本資料はPDFファイルのみでの提供ですので、あらかじめご了承ください。

「会計基準アドバイザリー・フォーラム:候補者募集」の和訳

ページの先頭へ