企業会計基準委員会から、2016年9月のASAF会議に財務業績と測定の連携に関するペーパーを提出

2016年9月7日

国際会計基準審議会(IASB)は、公開草案「財務報告に関する概念フレームワーク」に対して寄せられたコメントを踏まえ、「概念フレームワーク」を最終確定するという目標へ向けて、論点の再審議を継続しています。本プロジェクトの重要性を踏まえ、当委員会は、2016年9月に予定されている会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)会議での討議に使用するため、財務業績と測定に関するペーパー「財務業績と測定の連携」を提出しました。

本ペーパーでは、当委員会は、本プロジェクトの経緯を踏まえ、「概念フレームワーク」は、次の事項に対処することによって改善できると強く考えていると述べています。

  • 純損益計算書が財務業績に関する主要な源泉である以上、「概念フレームワーク」は、最低限、純損益に関する情報が有するべき基本的な性質を記述すべきである。
  • 有用性のある純損益を算定するためには、測定基礎を、財政状態計算書の観点と純損益計算書の観点からそれぞれ適切に選択すべきである。「概念フレームワーク」は、測定基礎は、まず、純損益計算書の観点から選択すべきであり、当該測定基礎は、純損益に関する情報が有するべき基本的な性質を有すべきである旨を記載すべきであり、それを行うにあたり、純損益と測定の連携を図る必要がある。

当委員会は、上記の提案が、概念フレームワークの改善に関するIASBの作業に貢献することを期待しています。

以上

ページの先頭へ