ASBJ、EFRAG及びOICが、ディスカッション・ペーパー「のれんはなお償却しなくてよいか―のれんの会計処理及び開示」に寄せられた回答に関するフィードバック・ステートメントを公表

2015年2月4日
企業会計基準委員会

企業会計基準委員会(ASBJ)、欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)及びイタリアの基準設定主体(OIC)は、ディスカッション・ペーパー「のれんはなお償却しなくてよいか―のれんの会計処理及び開示」に寄せられたコメントをまとめたフィードバック・ステートメントを共同で公表しました。

ASBJ、EFRAG及びOICのディスカッション・ペーパーは、2014年7月に、IASBが基準設定に関する取組みを正式に検討する前に、取得したのれんの会計処理及び開示の要求事項に関する議論を促し進展させることを目的として公表されました。ASBJ、EFRAG及びOICの委員及びスタッフは、この重要な主題に関する論点を調査するために、リサーチ・グループを結成し、分析の結果、リサーチ・グループは、のれんの償却を再導入することが適切であろうという結論に至りました。

このディスカッション・ペーパーに対して、ASBJ、EFRAG及びOICは、29通のコメントレターを受領しており、今回、寄せられた主要なコメントを記載したフィードバック・ステートメントを公表いたします。これらのコメント提出者の過半数は、のれんの償却を再導入すべきであるという見解に同意するものでしたが、同時に、コメント提出者は、減損テストを改善する分野があることを指摘しました。

以上

ページの先頭へ