ASBJショート・ペーパー・シリーズ第3号「持分法会計についての視点」の公表

2021年9月3日

企業会計基準委員会は、持分法会計を取り巻く国際的な議論に寄与するため、ショート・ペーパー・シリーズ第3号「持分法会計についての視点」を公表いたしました。また、当委員会は、2021年9月に開催が予定されている会計基準設定主体国際フォーラム(IFASS)、及び2021年10月に開催が予定されている会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)会議での討議に使用するためにペーパーを提出しました。

本ペーパーは、IAS第28号「関連会社及び共同支配企業に対する投資」における現在の要求事項が、一行連結と測定基礎の両方の側面を有することを理解したうえで、どのような場合に一行連結の側面を重視し、どのような場合に測定基礎の側面を重視すべきかを明確にする原則を提案することで、持分法会計の適用から生じる多くの実務上の論点に対処できるようにすることを提案しています。

現在、IASBは、持分法のリサーチ・プロジェクトを実施しています。当委員会は、本ペーパーの分析と提案が持分法会計の改善に関するIASBの作業に貢献することを期待しています。

以上

 

ページの先頭へ