欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)のディスカッション・ペーパー「暗号資産(負債)の会計処理」の日本語訳の公開について

このたび、当委員会では、欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)が2020年7月に公表したディスカッション・ペーパー「暗号資産(負債)の会計処理」について、日本語訳を作成し、EFRAGのご厚意でその公開に了承をいただき、公開することといたしました。

当委員会では、「金融商品取引法上の『電子記録移転権利』又は資金決済法上の『暗号資産』に該当するICOトークンの発行・保有等に係る会計上の取扱い」について検討を行っています。 このディスカッション・ペーパーは、当該テーマに関連する重要資料であり、関係者の理解に大いに資するものと考えております。

このディスカッション・ペーパーは、暗号資産(負債)の保有者及び発行者の会計処理に関する論点の検討を中心に、背景情報として、暗号資産の活動・経済的特性・規制の概要、暗号資産の評価の方法論、市場発展の可能性などの多角的な分析検討を加えた内容となっています。今回公表する日本語訳は、その全文訳です。

ディスカッション・ペーパーのコメント期限は2021年7月31日となっています。EFRAGは日本語訳の公開を了承するにあたり日本からのコメントを歓迎する旨を伝えてきております。EFRAGに意見を提出されたい方は、ディスカッション・ペーパーの2ページの記載に従い、英文でご提出ください。

ディスカッション・ペーパー「暗号資産(負債)の会計処理」の日本語訳は以下からダウンロード可能です。この翻訳は、企業会計基準委員会スタッフが作成したものであり、EFRAGの検証は受けておりません。英語の原文はここから入手可能です。

ディスカッション・ペーパー「暗号資産(負債)の会計処理」

ページの先頭へ