ASBJ西川委員長-KASB Suh委員長の対談

2011年2月15日、16日の両日、韓国の会計基準設定主体である韓国会計基準委員会(KASB)のChung Woo Suh委員長が来日され、2011年より上場企業へのIFRSの強制適用を開始した韓国の経験を交え、日本の市場関係者及び企業会計基準委員会(ASBJ)の委員、スタッフとIFRSに関する意見交換を行いました。この機会に、ASBJの西川郁生委員長との対談を行っていただき、韓国でのIFRSの導入の背景や現状、IFRSの個別論点に関する懸念等を伺いました。

詳しい対談の内容はこちらをご覧ください。

Chung Woo Suh委員長(左)、西川郁生委員長(右)

ページの先頭へ