IASBが、子会社、共同支配企業及び関連会社に対する相場価格のある投資の公正価値での測定に関する提案を公表

2014年9月16日

国際会計基準審議会(IASB)は、本日、子会社、共同支配企業及び関連会社に対する投資に活発な市場における相場価格がある場合の当該投資の公正価値での測定に関する提案を詳述した公開草案を、一般のコメントを求めるために公表した。

IFRS第10号「連結財務諸表」、IFRS第12号「他の企業への関与の開示」、IAS第27号「個別財務諸表」、IAS第28号「関連会社及び共同支配企業に対する投資」及びIAS第36号「資産の減損」の修正案は、下記に関して寄せられた疑問への対処を目的としたものである。

  1.  子会社、共同支配企業及び関連会社に対する投資についての会計単位、並びにそれらの投資に活発な市場における相場価格がある場合(相場価格のある投資)の公正価値測定
  2.  資金生成単位(CGUs)が活発な市場における相場価格のある企業に対応している場合(相場価格のあるCGUs)の処分コスト控除後の公正価値に基づく回収可能価額の測定

本修正案は、企業は相場価格のある投資及び相場価格のあるCGUsの公正価値を、企業が保有している当該投資を構成する個々の金融商品の相場価格と金融商品の数量との積として測定すべきであることを明確にしている。

本公開草案には、IFRS第13号「公正価値測定」に関する設例の修正案も含まれている。IFRS第13号の第48項における例外の適用に関して寄せられた質問を明確化するためのものである。この設例は、市場リスクがほとんど同一で公正価値測定が公正価値ヒエラルキーのレベル1に区分される金融資産と金融負債のグル―プから生じる市場リスクに対する企業の正味エクスポージャーの公正価値測定を例示している。

本提案は、一般のコメントを求めるために120日間公開される。公開草案「子会社、共同支配企業及び関連会社に対する相場価格のある投資の公正価値での測定」(IFRS第10号、IFRS第12号、IAS第27号、IAS第28号及びIAS第36号並びにIFRS第13号に関する設例の修正案)は、ここからダウンロードできる。

以上

プレス関係の問い合わせ先

Chris Welsh, Communications Manager, IFRS Foundation
Telephone: +44 (0)20 7246 6495
Email: cwelsh@ifrs.org


IASB公開草案「子会社、共同支配企業及び関連会社に対する相場価格のある投資の公正価値での測定」 の日本語訳は以下からダウンロード可能です。この翻訳は、企業会計基準委員会スタッフが参考のために作成したものです。ご利用にあたっては、必ず原文をご参照ください。

なお、本資料はPDFファイルのみでの提供ですので、あらかじめご了承ください。

IASB公開草案「子会社、共同支配企業及び関連会社に対する相場価格のある投資の公正価値での測定」の和訳

ページの先頭へ