鶯地隆継氏がIASBに再任される、パット・フィネガン氏は2016年6月に退任へ

2016年2月23日

IFRS財団の評議員会(国際会計基準審議会(当審議会)のガバナンスと監督の責任を負う)は、本日、鶯地隆継氏の2期目(3年間の任期)の再任と、パット・フィネガン氏の退任(両方とも2016年6月30日に発効)を発表した。

鶯地氏は2011年7月に最初に当審議会のメンバーに就任した。同氏は、日本出身で、過去には、住友商事株式会社のフィナンシャルリソーシズグループ長補佐を務めるとともに、IFRS解釈指針委員会のメンバーを務めていた。2期目の任期は2019年6月30日に満了となる。

フィネガン氏は2009年7月に当審議会のメンバーに就任した。過去には、CFA協会金融市場インテグリティ・センターの財務報告ポリシー・グループのディレクターを務めるとともに、ムーディーズ・コーポレート・ファイナンス・グループの前常務取締役を務めていた。2014年7月に2期目に再任されたが、米国に戻りたいという考えを示した。

IFRS財団評議員会の議長ミシェル・プラダ氏は次のように述べた。

「鶯地氏とフィネガン氏は、審議会メンバーとしての任期中に当審議会の成果に大いに貢献した。

アジアの環境についての鶯地氏の深い理解は、当審議会に非常に役立ってきた。同地域の経済大国がIFRS基準の採用へ向けて大きなステップを踏み出したからである。2期目の再任をお祝いする。

フィネガン氏は、世界中の投資者コミュニティとの協力を深める上で、当審議会の作業において主導的役割を果たしてきた。過去7年の多大な貢献に深く感謝するとともに、新たな活動での成功をお祈りする。」

今回の発表と、ハンス・フーガ-ホースト氏の議長再任とイアン・マッキントッシュ氏の副議長退任に関する以前の発表を受けての当審議会の構成は、次のとおりとなる。

氏名 役職 選任 任務満了日
ハンス・フーガ-ホースト 議長 全体枠 2期目が2021年6月30日に終了
イアン・マッキントッシュ 副議長 アジア・オセアニア 2016年6月30日に退任
スティーブ・クーパー メンバー 欧州 2期目が2017年7月31日に終了
フィリップ・ダンジョウ メンバー 欧州 2期目が2016年10月31日に終了
マルティン・エーデルマン メンバー 欧州 1期目が2017年6月30日に終了
パット・フィネガン メンバー 北米 2016年6月30日に退任
アマロ・ゴメス メンバー 南米 2期目が2019年6月30日に終了
ゲイリー・カブレック メンバー 北米 1期目が2017年6月30日に終了
スー・ロイド メンバー 全体枠 1期目が2018年6月30日に終了
鶯地 隆継 メンバー アジア・オセアニア 2期目が2019年6月30日に終了
ダレル・スコット メンバー アフリカ 2期目が2018年6月30日に終了
徐 正雨 メンバー アジア・オセアニア 1期目が2017年6月30日に終了
メアリー・トーカー メンバー 北米 1期目が2017年6月30日に終了
張 為国 メンバー アジア・オセアニア 2期目が2017年6月30日に終了

以上

プレス関係の問い合わせ先

Kirstina Reitan, Head of Communications, IFRS Foundation
Telephone: +44 (0)20 7246 6960
Email: kreitan@ifrs.org

ページの先頭へ