IASBが保険会計の根本的な見直しを最終確定

2017年5月18日

国際会計基準審議会(当審議会)は本日、IFRS第17号「保険契約」を公表した。この保険契約に関する初めての真に国際的なIFRS®基準は、投資者等が保険者のリスク・エクスポージャー、収益性及び財政状態をより適切に理解するのに役立つであろう。

IFRS第17号は、2004年に暫定基準として導入されたIFRS第4号を置き換えるものである。IFRS第4号は、保険契約の会計処理を各国の会計基準を用いて行う許可を企業に与えており、これにより多数の異なるアプローチを生じさせていた。その結果、他の点では同様の企業の財務業績を投資者が比較対照することが困難になっている。

金融安定理事会は2015年9月に、当審議会がIFRS第4号を新基準に置き換えるプロジェクトを完了することが重要であると述べていた[1]

IFRS第17号は、すべての保険契約を首尾一貫した方法で会計処理することを要求することによって、IFRS第4号が生じさせていた比較上の問題点を解決しており、投資者と保険会社の両方に便益を与えている。保険債務は歴史的原価ではなく現在価額を用いて会計処理されることになる。情報が定期的に更新され、より有用な情報を財務諸表利用者に提供することになる。

ハンス・フーガ―ホースト国際会計基準審議会議長は、次のように述べた。

 「保険業界はグローバル経済において非常に重大な役割を果たしている。このため、保険会社の財務業績がどうなっているのかに関しての市場参加者への高品質の情報はきわめて重要である。IFRS第17号は、現在の多種多様な会計アプローチを、投資者等に比較可能な最新情報を提供する単一のアプローチに置き換えるものである。」

さまざまな会計処理方法が現在使用されているため、いくつかの国々は、新基準の導入により他国よりも大きな変更が生じるであろう。

IFRS第17号の発効日が2021年1月1日であるが、早期適用することができる。

当審議会は、この基準を導入する人々を支援する予定であり、その中には移行リソース・グループの設置が含まれており、当審議会はそのメンバーを現在募集中である。

IFRS第17号は、設例及び当審議会の結論の根拠の説明とともに公表されている[2]

この基準に付属する他の資料は下記のとおりである。

  • 影響分析 ― 新基準の予想されるコストと便益を詳細に示している。

  • プロジェクト・サマリー ― 新しい保険契約基準を開発するプロジェクトの概要を示している。

  • フィードバック・ステートメント ― 本プロジェクトの一環として実施したさまざまな協議に対して寄せられたフィードバックを要約している。

これらの資料はすべて、IFRS財団のウェブサイトのIFRS第17号プロジェクト・ページを通じてアクセスできる。

当審議会は本日、IFRS第17号に関するIFRSタクソノミ・アップデート案も公開協議のために公表した。コメント期限は2017年9月18日である。

以上

編集者への注釈:

  • IFRS第17号を紹介する短編ビデオは、こちら
  • IFRS第17号に関するファクトシートは、こちら

プレス関係の問合せ先

Kirstina Reitan, Head of Communications, IFRS Foundation
Telephone: +44 (0)20 7246 6960
Email: kreitan@ifrs.org

専門的な内容に関する問合せ先

Andrea Pryde, IASB Associate Director
Telephone: +44 (0)20 7246 6491
Email: apryde@ifrs.org


[1] 当審議会がIFRS第17号を完了することの重要さに言及した金融安定理事会の2015年からの会議サマリーは、ここで見ることができる。

[2] IFRS第17号はeIFRSでcomprehensive sunscribersに公開されている。

ページの先頭へ