IASBが実務の不統一を減らすためのIAS第16号の修正を提案

2017年6月20日

国際会計基準審議会(当審議会)は本日、適用の不統一を減らすためのIAS第16号「有形固定資産」の狭い範囲の修正を提案した。

IAS第16号は、有形固定資産の資産としての認識及び測定に関する原則を定めている。

本修正案は、有形固定資産を使用可能にしようとしている間の販売収入を当該有形固定資産項目の取得原価から控除することを禁止するものである。その代わりに、企業はそれらの販売収入及び関連するコストを純損益に認識することになる。

本修正案は、試運転の収入とコストの会計処理に関してのIFRS解釈指針委員会の議論を受けて出されている。

この公開草案ED/2017/4「有形固定資産―意図した使用の前の収入」(IAS第16号の修正案)は、2017年10月19日までコメントを求めるために公開されており、ここで入手できる。

以 上


公開草案「有形固定資産―意図した使用の前の収入」の日本語訳は以下からダウンロード可能です。この翻訳は、企業会計基準委員会スタッフが参考のために作成したものです。ご利用にあたっては、必ず原文をご参照ください。

なお、本資料はPDFファイルのみでの提供ですので、あらかじめご了承ください。

公開草案「有形固定資産 ― 意図した使用の前の収入」(IAS第16号の修正案)

ページの先頭へ