国際会計基準審議会が年金会計の狭い範囲の修正を公表

2018年2月7日

 「制度改訂、縮小又は清算」(IAS第19号の修正)は、確定給付年金制度の変更が生じた場合に企業が年金費用をどのように決定するのかを定めている。

 IAS第19号「従業員給付」は、企業が確定給付制度をどのように会計処理するのかを定めている。制度の変更(すなわち、改訂、縮小又は清算)が生じた場合、IAS第19号は、確定給付負債又は資産の純額を再測定することを企業に要求している。

 この修正は、制度変更後の報告期間の残りの部分について、当期勤務費用及び利息純額を算定する際に、この再測定による更新後の仮定を使用することを企業に要求している。今まで、IAS第19号は、制度変更後の期間に係るこれらの費用の算定方法を定めていなかった。更新後の仮定の使用を要求することにより、この修正は財務諸表利用者に有用な情報を提供することが期待される。

 この修正は、2019年1月1日以後に適用される。

                                                       以 上

 

ページの先頭へ