IASBが金融商品に関する分類及び測定の要求事項のレビューを公表

2022年12月21日

国際会計基準審議会(IASB)は本日、IFRS第9号「金融商品」の分類及び測定の要求事項の適用後レビュー(PIR)を締めくくるプロジェクト報告書及びフィードバック・ステートメントを公表した。

利害関係者からのフィードバック及びPIRの一環として実施されたリサーチは、IFRS第9号に示されている要求事項は意図されたように機能し、財務諸表利用者に有用な情報を提供していることを示している。

フィードバックに対応して、IASBは、財務諸表利用者に提供される情報をさらに向上させるためのリサーチ及び基準設定の領域も識別した。

IASBは、ESG連動要素のある金融資産の契約上のキャッシュ・フローの特性についての企業の評価及び金融資産又は負債の決済としての電子送金に焦点を当てた基準設定プロジェクトに着手している

これには次のことも含まれる。

  • 契約上リンクしている金融商品への契約上のキャッシュ・フローの特性の評価の適用の明確化
  • 企業が純損益ではなくその他の包括利益に表示した資本性金融商品(OCI表示の選択)に係る公正価値変動の開示の改善

このプロジェクトから生じる修正案を示す公開草案は2023年第1四半期に公表される。

償却原価で測定する金融商品への実効金利法の適用に関する要求事項及び金融商品の条件変更に関する要求事項を明確化できるかどうかを検討するためのリサーチ・プロジェクトも、IASBの作業計画に追加されている。

PIRでは企業、投資者、監査人、基準設定主体、規制当局及び研究者からのフィードバックを求めた。IASBは95通のコメントレターを受け取り、世界中で利害関係者との40以上の会合に出席した。

IASBは主要な基準書について、当該基準書が意図されたように機能しているかどうかを知るために、発効日の数年後にレビューしている。

アンドレアス・バーコウIASB議長は次のように述べた。

「IFRS第9号は金融危機へのIASBの対応の基礎であった。IFRS第9号の分類及び測定の要求事項のPIRが、同基準書は意図されたように機能しているという結論となったのを見るのは勇気づけられることである。しかし、フィードバックによりさらに明確化すべき領域も明らかになった。我々はIFRS第9号の減損の要求事項のレビューに進んでおり、その作業で利害関係者と対話するのを待ち望んでいる。」

IASBはIFRS第9号のPIR―減損を2022年後半に開始した。情報要請が2023年前半に公表の見込みである。

IFRS第9号の適用後レビュー―分類及び測定のプロジェクト報告書及びフィードバック・ステートメントへのアクセスはこちら

以 上


IFRS第9号の適用後レビュー―分類及び測定のプロジェクト報告書及びフィードバック・ステートメントの日本語訳は以下からダウンロード可能です。この翻訳は、企業会計基準委員会スタッフが参考のために作成したものです。ご利用にあたっては、必ず原文をご参照ください。

なお、本資料はPDFファイルのみでの提供ですので、あらかじめご了承ください。

IFRS第9号の適用後レビュー―分類及び測定のプロジェクト報告書及びフィードバック・ステートメント

 

ページの先頭へ