国際会計人材ネットワーク 第3回定例会

平成30824日(金)に経団連会館において、「国際会計人材ネットワーク 第3回定例会」を開催しました。

本定例会は、第1回定例会及び第2回定例会における参加者からのアンケート結果に基づくご要望を踏まえ、企業セクター登録者の方を対象に、「企業における国際会計人材の育成」をテーマとして実施しました。

はじめに、講師としてお招きした湯浅 一生様(富士通株式会社 執行役員常務)よりご講義いただいた後、参加者を4グループに分け、グループディスカッションを実施しました。

グループディスカッションでは、「人材育成上の課題にはどのようなものがあるか」及び「課題を解消するためには、どのような取り組みや対応が必要なのか」をテーマとして、企業における国際会計人材としての動機づけの重要性や、人事ローテーション、キャリアパス、英語によるコミュニケーションの問題などについて、活発な議論が行われました。

【国際会計人材ネットワーク 第3回定例会のプログラム】

時間 内容

18:00

「企業における国際会計人材育成の課題」(講師:湯浅様)

18:15

意見交換①「人材育成上の課題にはどのようなものがあるか」

18:45

各グループの発表

19:05

意見交換②「課題を解消するためには、どのような取り組みや対応が必要なのか」

19:30

各グループの発表

19:50

講評(湯浅様)

20:00

閉会

ページの先頭へ