第36回企業会計基準委員会議事概要

日時 2003年6月10日(月) 14時00分~16時05分
場所 (財)財務会計基準機構会議室

議題

審議事項

  1. 減損会計及び時価評価の適用に関する緊急検討について
  2. 減損会計専門委員会の検討状況について
  3. ストック・オプション等専門委員会の検討状況について

報告事項

  1. IASB会議報告

議事概要

(1)これまでの審議結果をとりまとめた、最終公表文書の原案が提示され、これについて審議が行われた。

審議の後、表現の修正については委員長に一任の上、原案が出席委員全員の賛成により承認された。

(本日の審議を踏まえた最終的な文書は、平成15年6月13日に公表されており、その内容については「有価証券の時価評価・強制評価減及び固定資産の減損会計の適用に関する緊急検討の審議結果について」をご覧下さい。)

(2)秋葉専門研究員より、減損会計専門委員会において検討を行っている主な検討事項である「資産のグルーピング」、「減損の状況」などに関する論点について説明が行われ、その後、意見交換が行われた。

(3)豊田専門研究員より、ストック・オプション等専門委員会における今後の進め方などについて説明が行われ、その後、意見交換が行われた。

(4)山田IASB理事より、5月20日~23日まで開催されたIASB会議について、「企業結合」、「業績報告」、「株式報酬制度」及び「リース会計」を中心に報告が行われた。

なお、本件の内容については「第24回IASB会議報告(掲載予定)」をご覧下さい。

以上

ページの先頭へ