第41回企業会計基準委員会議事概要

日時 2003年9月19日(金) 13時30分~16時15分
場所 (財)財務会計基準機構会議室

議題

審議事項

  1. 適用指針公開草案「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針(案)」に対するコメントについて
  2. 実務対応報告「外貨建転換社債型新株予約権付社債の発行者側の会計処理に関する実務上の取扱い(案)」について【公表議決予定】
  3. 委員会の中長期的な検討課題【継続審議】
    テーマ協議会からの提言項目について
  4. 役員賞与の会計処理について
  5. 固定資産会計専門委員会
    減価償却会計の論点について
  6. IASBリエゾン国会議の対応について

報告事項

  1. 第21回 国際対応専門委員会の議事概要について
  2. 日本公認会計士協会 研究報告プロジェクトについて

議事概要

(1) 都委員より、適用指針公開草案「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針(案)」に対するパブリックコメントについての分析・報告がなされ、その後、意見交換が行われた。

(2) 西川副委員長及び秋葉専門研究員より、実務務対応報告「外貨建転換社債型新株予約権付社債の発行者側の会計処理に関する実務上の取扱い(案)」ついて説明がなされた。

審議の後、採決が行われ、字句等の修正に関しては委員長に一任の上、出席委員12名全員の賛成により、原案を公表することが承認された。

(3) 西川副委員長より、委員会の中長期的な検討課題についてテーマ協議会からの提言項目を中心に説明がなされ、その後、意見交換が行われた。

(4) 西川副委員長及び秋葉専門研究員より「役員賞与の会計処理」について説明がなされた。審議の結果、このテーマを本委員会において採り上げることとされた。

(5) 都委員及び山中研究員より、固定資産会計専門委員会における、減価償却会計の論点について説明がなされ、その後、意見交換が行われた。

(6) 西川副委員長及び古内研究員より、IASBリエゾン国会議の対応について説明がなされ、その後、意見交換が行われた。

(7) 第21回 国際対応専門委員会の議事概要については、配布資料をもって報告とされた。

(8) 加藤委員より、日本公認会計士協会において、継続企業の前提が成立しないと判断される場合の財務諸表の作成において準拠すべき会計基準について調査・研究し、研究報告として公表する予定であるとの報告がなされた。

以上

ページの先頭へ