第44回企業会計基準委員会議事概要

日時 2003年11月7日(金) 13時30分~16時00分
場所 (財)財務会計基準機構会議室

議題

審議事項

  1. 役員賞与の会計処理について
  2. リース会計専門委員会の進め方について
  3. 専門委員会の設置について

報告事項

  1. IASB会議報告
  2. 日中韓三カ国会計基準設定主体会議報告

議事概要

(1)西川副委員長及び秋葉専門研究員より、役員賞与の会計処理について説明がなされた。説明においては、これまでの審議を踏まえた幾つかの具体的な検討案(役員賞与を発生時に費用計上する方法など)が示され、その後、審議が行われた。審議の結果、発生時に費用計上を行うことが適当であるとの合意は概ね得られたが、配当可能限度額の計算など、法制度上、不都合が生じるおそれがあることや、従来の取扱い(利益処分時に処理)との関係で実務に配慮すべき点があることなどから、最終公表物の形態(会計基準あるいは実務対応報告)も含め、次回以降も議論を継続することとされた。

(2)石井委員より、リース会計専門委員会の今後の進め方等について説明がなされた。説明においては、これまでの議論の状況を改めて確認するとともに、今後の審議の進め方に関する事務局案が示され、その方向性について了承された。

(3)西川副委員長より企業結合に関連した専門委員会の設置についての提案がなされ、審議の後、承認された。

(4)山田IASB理事より、10月のIASB会議の報告が行われた。なお、同会議の間に開催された、IASB、FASB(米国財務会計基準審議会)及びAcSB(カナダ会計基準審議会)による三者会議並びにIASB及びFASBの二者会議の概要等についても合わせて報告が行われた。

(5)都委員及び古内研究員より、10月(27~28日)に開催された日中韓三カ国会計基準設定主体会議の報告が行われた。

以上

ページの先頭へ