第103回企業会計基準委員会議事概要

日時 2006年4月25日(火) 13時30分~16時10分
場所 財務会計基準機構 会議室

議題

審議事項

  1. 実務対応報告「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い(案)」について
  2. 実務対応報告公開草案「投資事業組合に対する支配力及び影響力基準の適用に関する実務上の取扱い(案)」について
  3. 関連当事者専門委員会における検討状況について
  4. 会社法対応専門委員会における検討状況について
  5. 実務対応報告公開草案「排出量取引の会計処理に関する当面の取扱い(案)」について

議事概要

審議事項

(1)実務対応報告「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い(案)」について

西川副委員長及び石原研究員より、標記実務対応報告の主な検討(修正)事項について、専門委員会における検討を踏まえながら文案に基づいて説明がなされ、審議が行われた。

なお、標記実務対応報告については、次回の第104回企業会計基準委員会で公表にむけた議決を行う予定である。

(2)実務対応報告公開草案「投資事業組合に対する支配力及び影響力基準の適用に関する実務上の取扱い(案)」について

西川副委員長及び秋葉統括研究員より、標記公開草案について前回の委員会における指摘事項及び専門委員会における検討事項を踏まえながら、文案に基づいて変更点を中心に説明がなされ、審議が行われた。

(3)関連当事者専門委員会における検討状況について

石井委員及び五反田屋専門研究員より、関連当事者開示検討専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は、「関連当事者に関する会計基準(案)」及び同適用指針(案)について、前回の委員会における指摘事項及び専門委員会での検討事項を踏まえ、文案における変更点を中心に説明がなされ、審議が行われた。

(4)会社法対応専門委員会における検討状況について

西川副委員長、布施専門研究員、大橋研究員及び石川研究員より、当該専門委員会で検討された事項である「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い」、「金融商品会計基準の改正」及び「自己株式等会計基準の改正」について、改正点における概要の具体的な説明がなされ、審議が行われた。

(5)実務対応報告公開草案「排出量取引の会計処理に関する当面の取扱い(案)」について

石井委員及び湯川専門研究員より、実務対応報告第15号「排出量取引の会計処理に関する当面の取扱い」については平成16年11月に公表されたが、その後、当委員会において、「事業分離等に関する会計基準」及び公開草案である「棚卸資産の評価原則に関する会計基準(案)」の公表により、所要の改正が必要となったことから、当該実務対応報告からの改正点を中心に説明がなされ、審議が行なわれた。

以上

ページの先頭へ