第109回企業会計基準委員会議事概要

日時 2006年7月28日(金) 13時30分~17時00分
場所 財務会計基準機構 会議室

議題

審議事項

  1. 企業会計基準適用指針公開草案(企業会計基準適用指針第10号の改正案)「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針(案)」について
  2. 実務対応報告「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い(案)」について
  3. 企業会計基準「金融商品に関する会計基準(案)」について
  4. 企業会計基準(企業会計基準第1号の改正)「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準(案)」、企業会計基準適用指針(企業会計基準適用指針第2号の改正)「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準の適用指針(案)」について
  5. 退職給付専門委員会における検討状況について
  6. 特別目的会社専門委員会における検討状況について
  7. 四半期会計基準専門委員会における検討状況について

報告事項

  1. ワーキング・グループの設置について
  2. SAC会議報告
  3. 国際対応専門委員会の議事概要について

議事概要

審議事項

(1) 企業会計基準適用指針公開草案(企業会計基準適用指針第10号の改正案)「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針(案)」について

西川副委員長及び布施専門研究員より、企業結合専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は子会社と孫会社との合併の会計処理等について当該適用指針案に基づいて説明がなされ、審議が行われた。

(2) 実務対応報告「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い(案)」について

西川副委員長及び布施専門研究員より、会社法対応専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は、前回の委員会からの変更点を中心に当該実務対応報告案の説明がなされ、審議が行われた。

(3) 企業会計基準「金融商品に関する会計基準(案)」について

西川副委員長及び大橋研究員より、会社法対応専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は、前回の委員会からの変更点を中心に当該会計基準案の説明がなされ、審議が行われた。

(4) 企業会計基準(企業会計基準第1号の改正)「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準(案)」、企業会計基準適用指針(企業会計基準適用指針第2号の改正)「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準の適用指針(案)について

西川副委員長及び石川研究員より、会社法対応専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は、前回の委員会からの変更点を中心に当該会計基準案及び適用指針案の説明がなされ、審議が行われた。

(5) 退職給付専門委員会における検討状況について

西川副委員長及び河本専門研究員より、退職給付専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は、複数事業主制度の会計処理に係る論点のうち例外処理における制度間移行の処理について説明がなされ、審議が行われた。

(6) 特別目的会社専門委員会における検討状況について

西川副委員長及び秋葉統括研究員及び五反田屋専門研究員より、特別目的会社専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は、実務対応報告「投資事業組合に対する支配力基準及び影響力基準の適用に関する実務上の取扱い(案)」及び実務対応報告「有限責任事業組合及び合同会社に対する出資者の会計処理に関する実務上の取扱い(案)」における公開草案からの変更点を中心に説明がなされ、審議が行われた。

(7) 四半期会計基準専門委員会における検討状況について

石井常勤委員及び新井専門委員より、四半期会計基準専門委員会における検討状況の説明がなされた。今回は、注記項目のボリュームや四半期財務諸表の作成の目的、比較財務諸表について説明がなされ、審議が行われた。

報告事項

(1) ワーキング・グループの設置について

西川副委員長よりワーキング・グループの設置について説明がなされた。

(2) SAC会議報告

又邊専門研究員より2006年6月26、27日にロンドンにて開催されたSAC会議についての報告がなされた。

報告事項(3)については、資料の配布を以って報告するものとされた。

以上

ページの先頭へ