第122回企業会計基準委員会議事概要

日時 2007年2月2日(金) 13時30分~16時00分
場所 財務会計基準機構 会議室

議題

審議事項

  1. 改正実務対応報告第2号「退職給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い(案)」について【公表議決】
  2. 退職給付専門委員会における検討状況について
  3. 四半期会計基準専門委員会における検討状況について
  4. 特別目的会社・信託専門委員会における検討状況(信託に関する会計処理等の検討)について
  5. 工事契約専門委員会における検討状況について

議事概要

審議事項

(1) 改正実務対応報告第2号「退職給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い(案)」について

西川副委員長及び河本専門研究員より、改正実務対応報告第2号「退職給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」に関して改正の目的、改正箇所(追加となったQ&A)の説明がなされた後、審議・採決が行われ、字句等の修正は委員長に一任することを前提に、出席委員全員の賛成をもって公表することが承認された。

(2) 退職給付専門委員会における検討状況について

西川副委員長及び河本専門研究員より、複数事業主制度を採用している場合における「自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計算することができないとき」の取扱いに関する専門委員会での検討状況について説明がなされ、審議が行なわれた。

(3) 四半期会計基準専門委員会における検討状況について

石井常勤委員及び新井専門委員より、公開草案に寄せられたコメントを踏まえた文案に関する専門委員会での検討状況について説明がなされ、審議が行われた。

(4) 特別目的会社・信託専門委員会における検討状況(信託に関する会計処理等の検討)について

西川副委員長及び秋葉統括研究員より、信託に関する会計処理の専門委員会における検討状況について説明がなされ、審議が行なわれた。

(5) 工事契約専門委員会における検討状況について

石井常勤委員及び片山専門研究員より、工事契約の収益認識の基本的な考え方等について専門委員会における検討状況の説明がなされ、審議が行なわれた。

以上

ページの先頭へ