第43回 基準諮問会議議事概要

日時 2021年11月29日(月) 15時00分~16時30分
場所 ウェブ会議

議題

審議事項

  1. テーマ提言について

  2. 企業会計基準委員会の最近の活動状況について

本基準諮問会議は、新型コロナウイルス感染症への対応として、「基準諮問会議の運営に関する要領」第2条第2項に基づき、ウェブ会議で実施した。

議事概要

1. テーマ提言について

今回の基準諮問会議に寄せられた「株式報酬に関する会計処理及び開示の取扱いの整備について」、テーマ提案者である日本公認会計士協会の藤本委員より、テーマ提案の背景及び提案内容について説明がなされた。

その後、事務局の宗延専門研究員より、以下のとおり、会計基準レベルと実務対応レベルに分けた上で、次回以降の基準諮問会議で審議したい旨の説明が行われた。

テーマの内容 レベル及び対応
(1)いわゆる現物出資構成による取引に関する会計基準の開発 実務対応レベルとして、実務対応専門委員会にテーマ評価を依頼する。
(2)現金決済型の株式報酬取引に関する会計基準の開発 会計基準レベルとして(3)と合わせて事務局において論点整理を行う。
(3)インセンティブ報酬に関する包括的な会計基準の開発 会計基準レベルとして事務局において論点整理を行う。

基準諮問会議委員より、議事要旨(1)に記載の意見が出された。

資料(1)-1 テーマ提言(まとめ)

資料(1)-2 新規テーマの提案(株式報酬)

議事要旨(1)

2. 企業会計基準委員会の最近の活動状況について

企業会計基準委員会(ASBJ)事務局の宗延専門研究員より、企業会計基準委員会の最近の活動状況についての報告が行われた。

基準諮問会議委員より、議事要旨(2)に記載の意見が出された。

資料(2) 日本基準の開発の状況

資料(3) 国際対応の状況

議事要旨(2)

以上

ページの先頭へ